USB3.1 Type-C搭載の2Bay HDDケース『裸族のテラスハウス RAID USB3.1 Type-C』を発売

このエントリーをはてなブックマークに追加

USB3.1 Type-Cインターフェイスを搭載!
2種類のRAIDが構築可能な2Bayドライブケース
『裸族のテラスハウス RAID USB3.1 Type-C』が新登場!!

PC周辺機器並びに携帯アクセサリーメーカーの株式会社センチュリー(本社:東京都台東区、代表取締役社長:小善一成、以下センチュリー)はUSB3.1 Type-Cインターフェイスと2種類のRAIDが構築可能な2Bayドライブケース『裸族のテラスハウス RAID USB3.1 Type-C (型式:CRTS35U31C)』(オープンプライス 参考価格14,904円(税込))を8月上旬に発売開始いたします。

■INTRODUCTION

◆裸族のテラスハウス RAID USB3.1 Type-C
参考URL : http://www.century.co.jp/products/crts35u31c.html

本製品は3.5インチSATA HDDを最大2台まで収納可能なドライブケースです。
転送速度が10Gbps(理論値)の転送速度を持つUSB3.1(Gen2) Type-Cインターフェイスを搭載した事で高速なデータ転送を実現、また、RAID機能も搭載しておりスイッチ一つでRAID0(ストライピング)およびRAID1(ミラーリング)を構築できます。さらに大容量10TB HDDに対応。10TBのHDDを2台組み込む事で20TBのストレージの構築も可能です。
その他の便利な仕様と致しましては、PCの電源のオン、オフに連動して、搭載するHDDと冷却ファンの回転と停止を制御する『省エネモード』を搭載。また裸族シリーズではおなじみの、ドライブを入れて本体ドアを閉めるだけの簡単組み込み方式を採用しています。

crts35u31c-g7.jpg crts35u31c-g5.jpg

【特長】

  • 10Gbps(理論値)の転送速度を持つUSB3.1(Gen2) Type-Cインターフェイスを搭載!
  • RAID機能を搭載!スイッチ一つでRAID 0(ストライピング)、RAID 1(ミラーリング)を構築可能。
  • フロントドアを開けてHDDを入れて閉めるだけの簡単組み込み。
  • PCの電源オン・オフに合わせてHDDと冷却ファンの回転を停止する省エネモードを搭載。
  • 大容量 10TB HDDに対応。
RSS配信 センチュリーでは、プレスリリースをRSSで提供しております。