最強の閃光、3,800ルーメン!高輝度で高性能な自転車用LEDヘッドライト『Beam Rider』販売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

周辺機器並びに携帯アクセサリーメーカーの株式会社センチュリー(本社:東京都台東区)は、リテイル事業のひとつ「白箱.com」にて、米国CREE社のLEDであるXM-LT6を3灯採用し、高輝度3,800ルーメンでの発光を可能にした自転車用LEDヘッドライト「Beam Rider(ビームライダー)」販売価格:9,980円(税込)の販売を開始致しました。

■INTRODUCTION

◆自転車用LEDヘッドライト「Beam Rider」
参考URL:http://www.sirobako.com/shopdetail/076001000030/

本製品は本体に米国CREE社製の高性能LED「XM-LT6」を合計3灯採用した自転車用LEDヘッドライトです。最大の特長はその輝度であり、最大3,800ルーメンで発光。そのためスピードをあげて走行するスポーツサイクリングなどの夜間や雨天走行において、広範囲・高輝度で照らすことが可能。安全性に優れたライトとなっております。このヘッドライトを用いることで、ライダーが前方を遠くまで視認できるだけではなく、第三者にその存在をいち早く察知させることが出来ます。 また、本製品は点灯モードの切替えが可能。手元のスイッチで、スポットビーム(中央LED1灯)、ワイドビーム(両端LED2灯)、MAXビーム3,800LM(LED全点灯)の3段階で選択できます。 さらに、ライトの照射角は手動で容易に調整が行えます。たとえば普段使いはLOWビーム(下向き)。街灯がなく真っ暗な区間だけHIGHビーム(水平・上向き)など、使い分けることで対向車や周囲にも配慮した走行が可能です。

このBeam Riderは、付属の6,400mAhの大容量バッテリーで駆動。充電池持続時間はMAXビーム(3,800ルーメン)の場合は約210分、スポットビームは約330分 、ワイドビームは約380分。バッテリーの残量はスイッチ部分のインジケーターの発光色(4色5パターン)で視認できるため便利です。

本製品の取り付けは工具不要で簡単に行えます。マウントラバーリングというゴム製のリングでハンドルにLEDライト部とスイッチ部を固定し、自転車のフレームにマジックテープでバッテリーパックを取り付ければ完了です。もちろん使用しない際にもスムーズに取り外しができるため、さっと取り込むことも可能です。

本体の材質は丈夫なアルミニウム合金なので衝撃に強く、しかも雨天でも使える防滴仕様となっているため、使用環境を選ばずお使い頂けます。また本体背面にはヒートシンク構造を採用。LEDライト発光時に生じる熱を適度に逃がし、精密機器の天敵となる熱から本体をも守ります。
Beam Riderは3,800ルーメンの高い輝度性能はさることながら、使い易さや耐久性にも優れたスポーツサイクル向けの高性能ヘッドライトです。

bicycle_power_light_nanamemae.jpgbicycle_power_light_flash3.jpg

RSS配信 センチュリーでは、プレスリリースをRSSで提供しております。