シリーズ初!手元でHDDの個別電源管理が出来る電源リモートボックスを採用した多段ドライブケース『裸族のカプセルホテル5Bay』発売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン周辺機器並びに携帯アクセサリーメーカーの株式会社センチュリー(本社:東京都台東区)は、3.5インチSATA HDDを最大5台搭載が可能で、HDD電源を手元で個別にON/OFF操作ができる、USB3.0接続の外付け多段ドライブケース「裸族のカプセルホテル5Bay (CRCH535U3ISC)」(オープンプライス 税込参考価格:28,080円)を2月下旬より発売致します。

■INTRODUCTION

◆裸族のカプセルホテル5Bay
参考URL:http://www.century.co.jp/products/pc/hdd-case/35satahddusb30/crch535u3isc.html

本製品はSATA HDDを最大5台搭載が可能な外付け多段ドライブケースです。接続は高速のUSB3.0で、SATA 3.0(6Gbps)HDDに対応しております。

本製品の新しい特長と致しましては、「電源リモートボックス」を採用した点にあります。
電源リモートボックスには、各ドライブで独立した5つの電源スイッチがあり、手元でHDDの電源を個別にオン・オフすることができます。さらにスマートフォンやタブレットの充電も可能な充電専用のUSBチャージポートを3ポート搭載しております。各USBポートの出力は2.1Aで、スマートフォンやタブレットを最大3台まで安定した充電がおこなえます。このボックスのケーブルの長さは取り回しに最適な1.8m。また設置用のマグネットが内蔵されているので、スチールデスクの垂直面などに器具を使わずに取り付けることが可能です。さらに底面にはゴム足を備えているので、デスクにおいて使用する際に滑らずしっかりとボックスを固定することができます。

この「裸族のカプセルホテル5Bay」は、先行品である「裸族のカプセルホテル(※HDDは最大4台搭載)」と同じく、搭載したHDDの電源を個別にオン・オフする事が出来る便利な「独立電源スイッチ」を有しておりますが、この独立電源を手元で操作できる「電源リモートボックス」の採用はシリーズ初。本製品の最も大きな魅力となっております。
従来品であれば、デスクの奥の足元や離れたスペースに設置した多段ケースまで、電源を操作するために、体勢を屈めて手を伸ばしたり、移動しなければなりませんでした。しかしながら、本製品であれば、電源リモートボックスを手元に置いて、HDDの電源操作・管理できるようになります。もちろん、多段ケースの上に、このボックスを置いて、ケース1体型の独立電源スイッチのような使い方もできます。

また本製品は多段ケースとしての仕様も充実。6TBのHDDにも対応しているので、最大5台のHDDを搭載して大容量のストレージ構築が可能に。また本製品にはパソコンの起動にあわせて自動的にHDDと冷却ファンの回転を制御する電源連動機能を搭載。HDDの組み込みは、HDDを入れて本体ドアを閉めるだけ、わずか10秒で簡単に組み込みが出来るなど、大変便利なHDD多段ケースとなっております。さらに付属の「裸族のインナー」を使えば2.5インチのSATA HDD/SSDの組み込みも可能です。

001_CRCH535U3ISC_01_650.jpg004_CRCH535U3ISC_ななめ前.jpg007_CRCH535U3ISC_04__650.jpg

【特長】

  • SATA HDDを最大5台搭載可能なUSB3.0接続の外付ケース。SATA 3.0(6Gbps)HDDに対応
  • 手元でHDDの電源を個別にオン・オフする事が出来る電源リモートボックスを採用
  • 電源リモートボックスにはスマートフォンやタブレットの充電が可能な充電専用USBチャージポートを搭載
  • 電源リモートボックスのケーブルは取り回しに最適な長さ1.8m。さらに設置用のマグネットが内蔵
  • ドアを開けてHDDを入れるだけの簡単組込み方式を採用
  • PCの起動・終了に合わせてHDDと冷却ファンの回転を制御するPC電源連動機能搭載
  • 付属の「裸族のインナー」を使用することで、2.5インチSATA HDD/SSDの組み込みにも対応
    ※付属の「裸族のインナー」は1本です(2.5インチSATA HDD/SSD 1台分)
RSS配信 センチュリーでは、プレスリリースをRSSで提供しております。