HDDの温度管理が可能なドライブケース。今度は、高速データ転送!SATA6GとUASP対応で登場。「三代目冷やし系HDD検温番 SATA6G」発売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

パソコン周辺機器並びに携帯アクセサリーメーカーの株式会社センチュリー(本社:東京都台東区)は高速データ転送を可能にするSATA6GとUASP対応で、HDDの温度管理や冷却も出来るドライブケース「三代目冷やし系HDD検温番 SATA6G」 価格:オープンプライス 参考価格:5,918円(税込)を7月26日より発売致します。※なお、本製品のカラーラインアップは、ブルーとブラックの2種類となります。

■INTRODUCTION

◆三代目冷やし系HDD検温番 SATA6G
参考URL:http://www.century.co.jp/products/pc/hdd-case/35satahddusb30/cls35eu3blf6gbkf6g.html

本製品は3.5インチHDDの温度管理が可能なドライブケースです。本体側面には8cmの大型ファンを搭載しているのでケース内部の熱を強力に冷却いたします。HDDの温度とファンの回転数は、本体前面のLCDに表示される為、その駆動状況がひと目でわかります。

本製品の大きな特長と致しましては、そのデータ転送速度の速さにあります。USB3.0とeSATAの高速なコンボ接続に加え、SATA6GとUASPモードにも対応している為に、さらに高速なデータ転送を実現致しました。

本製品には、HDDを管理する上での便利な機能も充実。本体にはHDDの上限温度を設定して、その温度を超えるとアラームが鳴る安心の「HDD温度監視機能」付き。また一定時間が経過すると自動的にHDDの回転を停止させる「スリープモード」を搭載。※スリープモードはUSB接続時のみ作動します。さらにPCの起動・終了に合わせて自動的にHDDを回転・停止させる「PC電源連動機能」も備えております。

この「三代目冷やし系HDD検温番 SATA6G」は、熱に対してデリケートなHDDの温度管理や冷却はもちろん、SATA6GとUASPモード対応で高速データ転送も可能にした大変機能性に優れたドライブケースとなっております。

CLS35EU3BL6G.jpgCLS35EU3BF6G.jpg

【特長】

  • SATA6G & UASPモード対応で高速データ転送が可能!
  • サイドに大型8cmファン搭載!ケース内部の熱を強力に冷却します
  • HDDの温度とファンの回転数が一目でわかるLCD搭載
  • 上限の温度を設定して、その温度を超えるとアラームを鳴らすHDD温度監視機能付き
  • 自動的にHDDの回転を停止するスリープモード搭載!(USB接続時のみ有効)
  • PCの起動・終了に合わせて自動的にHDDを回転・停止させるPC電源連動機能搭載!
RSS配信 センチュリーでは、プレスリリースをRSSで提供しております。