緊急地震速報発報端末 地震の見張り番 Touch 〔緊急地震速報機〕

「高度利用」+「端末演算方式」の緊急地震速報発報端末〔緊急地震速報機〕

このエントリーをはてなブックマークに追加

製品特徴



「高度利用配信」「端末演算方式」
より早く、より正確な速報をキャッチ!

高度利用配信とは

TVやラジオで使われる広いエリアでの不特定多数の人に向けた「一般利用配信」に比べ、企業や商業施設、学校といった特定の場所、利用者に向けた「高度利用配信」は、震度や地震の到達時間、震源の位置が高い速報性で配信されます。
また、1回だけではなく制度を上げて複数回配信されます。

端末演算方式とは

通常のおおまかな「地域別演算」に比べ、速報機が設置されている場所の緯度、経度、地盤増幅度を登録するので、より正確な情報が得られます。

「高度利用」「端末演算方式」という組み合わせが、
現在最も早く、精度の高い地震速報システムなのです。



地震の見張り番Touchの発報画面
地震情報の詳細がひと目でわかる!
豊富な訓練機能※地震擬似音設定あり
任意訓練・気象庁全国一斉訓練・プログラムタイマー訓練・過去主要地震訓練の4つの訓練モードで、実践を想定した訓練が可能です。
英語音声対応
地震に不慣れな外国人の集客が期待される施設にお勧めです。
豊富な接点出力
放送設備等の外部機器を7つまで制御可能です。
タッチパネル採用
タッチパネルで操作が簡単に行えます。
津波・噴火情報にも対応
気象庁が発表している津波情報と噴火情報も通知が可能です。
見やすい10.1インチ液晶
高品質な液晶画面で情報を同時に提供します。
HDMI映像出力対応
発報画面の映像出力が可能です。
安心の日本国内生産
日本国内にて組み立て、品質チェックを実施しております。

設置をお勧めする施設

この他、放送設備のある施設、工場や倉庫、店舗など、多くの人命の避難行動を要する環境に最適です。

緊急地震速報とは・・・

気象庁及び予報業務許可事業者が各地へ、地震の強い"揺れ"が到達するその前に、到達時刻と深度を予測して可能な限り早く通知する地震動の予報・警報です。(平成19年10月1日開始)
地震の発生直後に震源に近い場所では"揺れ"の到達に間に合わないことや、±1程度の震度誤差が生じたり、事故や落雷・機器の障害などに起因する誤報を配信してしまう場合もあります。
しかし、このような特性や限界を十分に理解したうえで適切に利用すれば、地震による被害の軽減が期待できます。
緊急地震速報 来る前に知る


製品仕様

商品名 地震の見張り番 Touch
電源電圧 DC5V (出力:DC5V 2000mA以上)
消費電力 +5V 2A
温度・湿度 温度5~35℃、湿度20~80% ※結露しないこと
本体
寸法(突起含まず) 幅252 × 高さ175 × 奥行33mm
内蔵スピーカー 1.5W モノラル
映像出力端子 HDMI(タイプA)1 出力 / HDMI-CEC One Touch Play ※1
タッチ方式 投影型静電容量方式
タッチ耐久性 約3500万回
パネルタイプ 10.1インチTFT液晶 / グレア (光沢)
解像度 1280 x 800
アスペクト比 16:10(固定)
コントラスト 600:1
発色数 24bit 1,670万色
バックライト +5V 2A
バックライト寿命 最低20,000時間 ※25℃にて輝度半減を寿命とする
リフレッシュレート 60Hz(固定)
輝度 300cd/㎡(最大時)
視野角 80°/80°/80°/80°(上下左右)
応答速度 30ms
接続ボックス
寸法(突起含まず) 幅126 × 高さ106 × 奥行23mm
重量 約400g
外部制御出力 リレー接点出力 DC30V 1000mA 7接点
外部音声入力 スクリューレス端子台 モノラル 0dBm (775mV)
外部音声出力 スクリューレス端子台 モノラル 0dBm (775mV)
電線被膜剥きしろ 8mm

※1 すべての機器における動作を保証するものではありません。