PHISON社 E12 M2 NVMe SSDを搭載した外付けドライブ「Thunderbolt3 Portable NVMe SSD」が新登場!

新製品 2019年7月18日
このエントリーをはてなブックマークに追加

PHISON社 E12 M2 NVMe SSDを内蔵した
Thunderbolt3 Portable NVMe SSDが新登場!

株式会社センチュリー(本社:東京都台東区)は、PHISON社 E12 M2 NVMe SSDを内蔵し、Thunderbolt3(40Gbps)接続のPortable SSD『Thunderbolt3 Portable NVMe SSD』3モデルを7月下旬より自社直販限定(センチュリーダイレクト・秋葉館・DO-MU)にて発売致します。

■INTRODUCTION

本製品はThunderbolt3(40Gbps)接続で約2,200MB/sの高速転送が可能な外付けSSDとなります。
主な特徴は高放熱アルミボディを採用、内蔵するSSDの熱をケース全体で強力に放熱することによりSSDが高温になると働くサーマルスロットリング機能による転送速度の低下を防ぎます。
本製品は内蔵するSSDの容量別に512GB、1TB、2TBの3モデルをご用意。持ち運びに便利な専用ポーチも付属しております。

cpnvtb3_00.jpg

◆Thunderbolt3 Portable NVMe SSD

【特長】

  • Thunderbolt3(40Gbps)接続で約2,200MB/sの高速データ転送が可能
    ※弊社テスト環境による実測値
  • PHISON社 E12 M2 NVMe SSD 内蔵
  • 高放熱アルミボディ採用
  • 持ち運びに便利な専用ポーチを付属
RSS配信 センチュリーでは、プレスリリースをRSSで提供しております。