プロユースで人気の外付けHDD「MacbethCombo」に、待望のエントリーモデルが登場!林檎派『MacbethCombo Pro LE』発売開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

防災関連製品ならびに、パソコン周辺機器メーカーの株式会社センチュリー(本社:東京都台東区)は、リテイル事業のひとつである「秋葉館 (あきばかん 東京都・千代田区)」のオリジナルブランド「林檎派」より、eSATAとFireWire 800、そしてUSB3.0のトリプルインターフェイスを搭載した外付けのハイグレードシングルHDD「MacbethCombo Pro LE (まくべすこんぼ ぷろ えるいー)」の販売を7月1日より開始致しました。

なお、製品ラインナップと型番、販売価格は下記のとおりとなります。


■INTRODUCTION

◆林檎派「MacbethCombo Pro LE」

現在多くのプロ制作現場で採用されている林檎派『MacbethCombo Pro』シリーズ。 この度、新登場となりました「MacbethCombo Pro LE」は『MacbethCombo Pro』で、エントリーモデルとなる位置づけの製品です。『MacbethCombo Pro』シリーズの特長ともいえる、高品質なパーツを搭載し、かつシンプルな回路構造とすることで、最もプロの現場に適した安定したHDD環境を実現します。

また、本製品はハイグレードHDDにふさわしく高品質アルミニウムボディで、高級感あるブラックの外観に仕上げました。さらに、本体前面には通気性の高いパンチングメタルフロントフェイスを採用し、放熱効率をアップ。そのため本製品はファンレス筐体でありながら、安定したHDD動作を提供。音楽制作スタジオなど静音性を求める環境に最適な製品となっております。

本製品にはeSATAが1ポート、FireWire 800が2ポート、USB3.0(UASP対応)が1ポートの多彩なインターフェイスを搭載。また、内蔵するSATA HDDとの接続は、従来品のSATAケーブル/電源ケーブルではなく、SerialATAインターフェイスとの直結方式を採用。そのためノイズの発生や、複数のインターフェイスを経由する際のロスを低減し、高速で安定したデータ転送を可能にしました。さらに、Macユーザーに有用な機能と致しまして、Mac OS X 10.5.8以降に搭載している自動バックアップ機能「Time Machine」に対応。大事なファイルをバックアップできます。その上、USB3.0/2.0接続の場合にはOS 10.5.8以降のIntel MacでOSブートが可能となっており、OSバージョンの条件を満たせば、別のMacから取り外したHDDでシステムを起動することできます。Macの周辺機器で定評のある「林檎派」ブランドならではの新製品となっております。

rgh35mcp-01.jpgrgh35mcp-08.jpg
rgh35mcp-05.jpgrgh35mcp-07.jpg

【特長】

  • シンプルな回路と高品質なパーツを採用したプロ仕様の外付けHDD
  • さまざまな環境に対応したeSATA、FireWire 800、USB3.0のトリプルインターフェイス
  • SATA直結で安定した転送速度を実現
  • 高級感あるスタイリッシュなブラックボディ
  • 通気性の高いパンチングメタルフロントフェイスを採用し、放熱効率をアップ
  • 静音性の高いファンレス設計
  • 縦置き、横置きが自由自在
  • Time Machineに対応で簡単バックアップ
  • OSブートにも対応
RSS配信 センチュリーでは、プレスリリースをRSSで提供しております。