RAID機能とは...? HDDケースに搭載された便利な技術!? 使い方・特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

RAID機能とは

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks)とは

  • 主にHDDケースに搭載されている機能のひとつ
  • ひとつのデータを複数のHDDに分散して保存したり、同時に複製保存できる機能
  • 2台以上のHDDが1台のHDDように認識・表示されます

RAID機能のメリット

  • 安全性の向上:HDDが故障した際にデータの復旧やアクセスが可能
  • 高速化:複数のHDDへの分散して書き込むため、処理速度が早い

RAID機能にはいくつかのモードがあり、用途に合わせたデータの保存方法を選択できます。
ビジネスシーンなどの高い信頼性を必要とする場所で利用されています。

RAID機能の各モードの特徴

RAIDには、「RAID1」、「RAID5」のようなそれぞれの機能を持ったいくつかのモードがあります。
代表的なモードの特徴を説明いたします。

RAID 0
(ストライピング)

データを複数のHDDに分散して、
高速な読み込み/書き込みを行います。
※この構成にはHDDが2台以上必要です。

RAID 1
(ミラーリング)

2台のHDDに同じデータを書き込んで、
データの安全性を確保します。
※この構成にはHDDが2台必要です。

RAID5/RAID3
(パリティつきストライプ)

HDDにデータパリティを置くことで、HDDの
どれか1台が故障してもデータが保護されます。
※この構成にはHDDが3台以上必要です。

RAID10
(ミラードストライピング)

2台のHDDをRAID1(ミラーリング)して、 それをさらにRAID0(ストライピング)で高速化します。
認識される容量は接続したHDDの半分になります。
※この構成にはHDDが4台必要です。

RAID機能搭載製品

裸族の二世帯住宅リフォーム

型番:CRNS35U31CRF

生まれ変わった二世帯住宅。3.5インチSATA HDD×2台組み込み型HDDケースの定番『裸族の二世帯住宅』が装いも新たに登場

裸族のコンテナハウス2.5RAID

型番:CRCTH25U31C

超高速インターフェイスUSB3.1 Gen2搭載! 4つの動作モードが選べる2.5インチ2bay HDD / SSDケースが新登場!

裸族のテラスハウス RAID USB3.1 Type-C

型番:CRTS35U31C

USB3.1 Type-Cインターフェイスを搭載! 2種類のRAIDが構築可能な2BayHDDケースが新登場!!

裸族のインテリジェントビル5Bay USB3.0+eSATAコンボ Ver.2

型番:CRIB535EU3V2

3.5インチSATA HDDを最大5台搭載可能な多段ハードディスクケースが装いを新たに登場!

裸族のテラスハウス RAID SATA6G

型番:CRTS35EU3RS6G

RAID機能付きSATA6G接続可能HDDケース! 5TB+5TBで最大10TB搭載可能!