裸族の二世帯住宅リフォーム (CRNS35U31CRF)についてのFAQ

このエントリーをはてなブックマークに追加
どんな形式のHDDが接続可能ですか?
3.5インチサイズのシリアルATA(SATA)HDDが接続可能です。
パラレルATA(IDE)は接続できません。
Windows ServerやLinuxで動作しますか?
サポート対象外となります。
サポート対象外のOSに関して弊社で動作確認を行っておらずご使用に関しては自己責任での範囲となります。
ドライバの提供や操作方法等はご案内できかねます。
SATA3.0(6Gbps)のHDDは使用可能ですか? また、SATA3.0の速度はでますか?
SATA3.0(6Gbps)のHDDを使用することは可能ですが、実際の転送速度は接続するインターフェイスによって上限が大きく異なります。
【各規格の理論値】
・USB3.1の場合:10Gbps
・USB3.0の場合:5Gbps
・USB2.0の場合:0.48gbps
また、上記理論値と実際の転送速度は、お使いのPCスペックや搭載するHDDによっても大きく異なりますので、あらかじめご了承ください。
ホットスワップはできますか?
本製品はホットスワップに対応していません。
HDDの取り付けや交換を行う際は、必ず電源を切った状態で行ってください。
電源を入れた状態でHDDを抜き差しすると、正常に認識しないばかりか、本製品ならびにHDDを故障させる可能性があります。
着脱可能回数は何回ですか?
本製品に装備されているコネクタの耐久性は約10,000回となっております。
HDD側にもそれぞれ同様の耐久性が設定されておりますので、くわしい着脱可能回数はHDDの製造メーカーにお問い合わせください。
電源連動機能を無効にすることはできますか?
本製品の電源連動機能を無効にすることはできません。
あらかじめご了承ください。
HDDは1台のみでも使用できますか?
使用可能です。
HDDをあとから1台追加して使用することは可能ですか?
STANDARD[スタンダードモード(個別認識モード)]のみ可能です。
ミラーリングで使用しているHDDを容量の大きいHDDに交換した場合、余った容量はどうなりますか?
また段階的に2台入れ替えればRAIDボリュームの容量を大きくできますか?
容量の大きいHDDに入れ替えてリビルドがかかった場合、余った領域はそのまま切り捨てられ、使用することはできません。
1台目のリビルド後、もう一台のHDDを入れ替えても、いちばん最初にRAIDを構築した際のサイズが維持されます。
他の機器で使用していたデータの入ったHDDを入れて、そのままデータにアクセスできますか?
RAIDやダイナミックディスクで使用していなかった場合は基本的にSTANDARD[スタンダードモード(個別認識モード)]で使用可能ですが、以前のご使用環境によってはご使用できない場合があります。
使用できない場合はフォーマットを行う必要があります。
不慮の事故によるデータの消失を避けるためにも、データが入ったHDDを接続する場合は必ずバックアップをとってからの作業をお願い致します。
すでにデータの入ったHDDをRAID 1[ミラーリングモード]で使用することは可能ですか?
MIRRORING(RAID 1)[ミラーリングモード]に設定する際に必ずHDDのフォーマットが必要になるため、データの入った状態では使用できません。
他のメディア等にバックアップを取り、本製品でRAID 1構築後にデータ移行をしてご使用ください。
MIRRORING(RAID 1)[ミラーリングモード]で使用していたHDDを、データを保持したままあとからSTANDARD[スタンダードモード(個別認識モード)]に切り替えることは可能ですか?
可能です。
本製品のMIRRORING(RAID 1)[ミラーリングモード]で使用していたHDDを取り外して他のHDDケースに入れた場合、データにアクセスできますか?
原則的には可能ですが、すべてのHDDケースでの動作を保証するものではありません。
また、他のHDDケースで動作させたHDDを本製品に戻した場合の動作は保証できませんのであらかじめご了承ください。
複数のCRNS35U31CRF間でHDDを交換して使えますか?
STANDARD[スタンダードモード(個別認識モード)]のみで入れ替え可能です。
RAIDを制作した場合はHDDの入れ替えは行わないでください。
MIRRORING(RAID 1)[ミラーリングモード]時、確実に両方のHDDにデータが書かれているか確認できますか?
確認方法はありません
書き込みを行って両方のアクセスLEDがピンク色に点滅すれば、ミラーリングで動作しています。
HDDのS.M.A.R.T情報が正しく表示されません。故障ですか?
本製品からS.M.A.R.T取得は対応しておりません。
あらかじめご了承ください。
UASPに対応していますか?
対応しております。
ただし、UASPでの動作には、UASP対応USBホストインターフェイスとWindows8以降またはMacOS 10.8以降のOSが必要となります。
実際の転送速度は?
CPUやホストインターフェイスの性能によって実測値は変わってきます。
弊社テスト環境での実測値は下図になります。



※弊社テスト環境での実測値となります。転送速度はご使用の環境により異なりますのであらかじめご了承ください。

-テスト環境-
■使用HDD:HGST HDN726060ALE610(6TB)
■使用USB3.1ホストインターフェイス:Intel DSL6540
■ベンチマークソフト:Crystal Disk Mark5.2.1

※記載の会社名・製品名は一般に各社の商標もしくは登録商標です。