大型ファンに連動した温度管理機能を搭載したSATA HDDケース 「五代目冷やし系HDD検温番 USB3.2 Gen1」発売

新製品 2023年4月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社センチュリー(東京都台東区)は、強力な冷却と静音を両立したUSB3.2 Gen1接続の外付けハードディスクケース「五代目冷やし系HDD検温番 USB3.2 Gen1 (CLS35U3BKF6G2)」を4月中旬より発売します。

五代目冷やし系HDD検温番 USB3.2 Gen1

press20230413_01.jpg

型番   :CLS35U3BKF6G2
発売時期 :2023年4月中旬
参考価格 :7,480円(税込み)
製品ページ:https://www.century.co.jp/products/cls35u3bkf6g2.html
センチュリーダイレクト販売ページ:https://www.century-direct.net/N0-16996/

INTRODUCTION

本製品は3.5インチHDDの温度管理が可能なHDDケースです。
五代目となった本製品は本体側面に“静音性能を高めた大口径8cm冷却ファン”を採用、温度監視設定で冷却ファンの回転数を制御することによりHDDを強力に冷却するだけでなく静音性も強化しました。
また、本製品にはHDDを管理する上での便利な機能を充実。本体正面にHDDの温度と回転数をリアルタイムに表示するLCDと、設定した温度を超えるとアラームが鳴る「HDD温度監視機能」にくわえ、パソコンの起動・終了に合わせて自動的にHDDを回転・停止させる「PC電源連動機能」を搭載。
尚、本製品はパソコンとの接続モードがUSB3.2 Gen1とUSB2.0の判別がしやすい「2モードLED機能」のほか、電源を落としても設定状態を維持する「メモリー機能」を搭載しました。
この「五代目冷やし系HDD検温番USB3.2 Gen1」は、熱に対してデリケートなHDDの温度管理や冷却はもちろん、SATA6GとUASPモード対応で高速データ転送も可能で大容量20TB HDDにも対応した大変機能性に優れたHDDケースとなっております。

【製品の特長】

  • 上限の温度を設定し、HDD温度が設定値を超えるとアラームを鳴らすHDD温度監視機能、電源を落としても設定を維持するメモリー機能を搭載した3.5インチSATA HDD専用外付けケース
  • 温度とファン回転数が一目でわかるLCDを搭載
  • 大型8cmファンを採用、ケース内部の熱を強力に冷却します (ON/OFFスイッチ付)
  • USBの接続状態を色で判別できる2モードLEDを搭載
  • PCの起動、終了に合わせて自動的にHDDを回転・停止させるPC電源連動機能を搭載
  • 大容量20TB HDDで動作確認済み (2023年3月現在)
cls35u3bkf6g2_02.jpg

▲HDDの温度とファンの回転数が一目でわかるLCD表示

■製品画像

RSS配信 センチュリーでは、プレスリリースをRSSで提供しております。