USB3.2 Gen2 Type-C接続に対応したコンパクトなHDDケース「裸族のテラスハウス RAID USB3.2 Gen2 Type-C」発売開始!

新製品 2023年6月13日
このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社センチュリー(本社、東京都台東区)は、ドアを開けて3.5インチサイズのHDDを入れるだけで組み込みが可能な外付けHDDケース「裸族シリーズ」から、USB3.2 Gen2 Type-C接続に対応した「裸族のテラスハウス RAID USB3.2 Gen2 Type-C(型番:CRTS35U32C)」を6月下旬から発売します。

crts35u32c_00.jpg

製品名  :裸族のテラスハウス RAID USB3.2 Gen2 Type-C
型番   :CRTS35U32C
発売時期 :2023年6月下旬
参考売価 :17,800円(税込)
製品ページ:https://www.century.co.jp/products/crts35u32c.html
センチュリーダイレクト販売ページ:https://www.century-direct.net/products/n0-17080

INTRODUCTION

製品は3.5インチSATA HDDを最大2台まで収納可能なドライブケースです。
裸族シリーズではおなじみの、3.5インチHDDを入れてケース本体のドアを閉めるだけの簡単組み込み方式を採用、PCとの接続は理論値10Gbpsの高速データ転送が可能なUSB3.2 Gen2 Type-Cインターフェイスを採用しています。
また、本製品は「ストライピング(RAID 0)」、「ミラーリング(RAID 1)」、「コンバイン(JBOD)」、「スタンダード」の4つの動作モードを搭載、背面のスイッチ設定で運用に最適な動作モードをお選びいただけます。
さらに、大容量22TBまでの3.5インチSATA HDDで動作確認済み、最大で44TBのストレージを構築できます。
その他の便利な仕様として、PC電源のオン、オフに連動して、内部のHDDと冷却ファンを制御する『電源連動機能』を搭載しています。

【本製品の特長】

  • 2台の3.5インチSATA HDDを外付けでPCと接続ができるHDDケース
  • RAID機能搭載、用途に合わせて4つの動作モード
  • 10Gbps(理論値)の転送速度を持つUSB3.2 Gen2 Type-Cインターフェイス
  • HDDを入れてドアを閉めるだけの簡単組み込み
  • PCの電源オン・オフに合わせてHDD/冷却ファンの回転を制御する電源連動機能

【用途に合併せて4つの動作モードに対応】

ストライピングの高速動作や、ミラーリングの安全書き込み、異なる容量のHDDを合体できるコンバイン、個別動作のスタンダードなど、ご使用用途に合わせた動作モードを任意に設定できます。

①「ストライピング(RAID0)」

2台のHDDを並列動作させる事でデータの転送速度を大幅に向上させます。

crts35u32c_04.jpg

②「ミラーリング(RAID1)」

2台のHDDに同じデータを書き込みする事でHDDの故障等の事故からデータを失うリスクを減少させます。

crts35u32c_05.jpg

③「コンバイン(JBOD)」

2台のHDDを並列動作させる事でデータの転送速度を大幅に向上させます。

crts35u32c_06.jpg

④「スタンダード」

HDDを個別に認識、動作をさせ、2台分のHDDケースとして使用します。1台だけでの動作も可能です。

crts35u32c_07.jpg

■製品紹介動画

■製品画像

RSS配信 センチュリーでは、プレスリリースをRSSで提供しております。