裸族のお立ち台DJ Revolution(CROS2U3RV)ソフトウェアアップデート

このエントリーをはてなブックマークに追加

対応製品

裸族のお立ち台DJ Revolution(CROS2U3RV)

ソフトウェアダウンロード

登録日 ソフト名 形式 サイズ ファイル名
2015/01/27 CloneDrive ZIP形式 4.3MB CloneDrive.zip
2020/05/07 FlashCopy ZIP形式 4.0MB FlashCopy_1.04.00.zip
2018/06/19 DiskErase ZIP形式 4.1MB DiskErase_1.03.02.zip
2021/03/19 CloneDrive2_CROS2U3RV ZIP形式 3.3MB CloneDrive2_CROS2U3RV_4.00.04.zip

■修正内容

FlashCopy

ver 1.04.00

  • Windows10に最適化

ver 1.03.01

  • ソフトウェアの最適化

ver 1.01.07

  • 一部マウスドライバと干渉することがある不具合を修正
  • その他軽微な不具合を修正

DiskErase

ver 1.03.02

  • ソフトウェアの最適化
    【追加】
    PseudorandomData(擬似乱数を上書きします)
    Userdefined(任意でパターンを選択し、上書きします)

ver 1.0.0.26

  • 描画に関する不具合を修正
  • イレース項目の追加、廃止
    【追加】
    Quick Zeros(クイック消去。先頭セクタから0x00を書き込みます。べリファイは行いません。)
    Quick Random(クイック消去。先頭セクタからランダム数値を書き込みます。べリファイは行いません。)
    【廃止】
    PseudorandomData
    Userdefined

CloneDrive2

2021/03/19

Ver 4.00.04

  • 特定の環境下でコピーができなかった不具合を修正
  • 内部処理の最適化

ver 3.08.01

  • ソフトウェアの最適化

ver 3.08.00

  • Windows 10 Creators Update(1703)に対応。
    ソフトウェアのインターフェースが大幅に変更されましたので、下記の使用方法をご参照ください。

※2021/10/08 Windows 11につきましては、現在ソフトウェア(CloneDrive2)が対応しておりません。今後バージョンアップを予定しております。お客様にはご迷惑をお掛けしまして申し訳ございません。

CloneDrive2 アップデート方法

ダウンロードしたファイルを解凍すると、各ソフトのインストーラが表示されます。(CloneDrive_Setup.exe、FlashCopy_Setup.exe、DiskErase_Setup.exe)
製品付属のCD-ROM内にある各PDFマニュアルのとおりに、インストーラを起動しインストールを行ってください。

【ご注意】
・既にインストールされているものは上書きされますので、アンインストールの必要はありません。
・初回起動時にシリアル番号を入力する画面が表示されますので、シリアル番号を入力し再度アクティベーションを行ってください。
・CROS2U3RVをお持ちの方専用のアップデートです。当ソフトのみでは使用できません。

【CloneDrive2の使用方法】
初回起動時にシリアル番号を入力する画面が表示されますので、シリアル番号を入力し再度アクティベーションを行ってください。



①【クローン元】クローン元ディスクを選択します。標準では起動ディスクが選択されています。
②【PC▶︎USB】PCに内蔵されているディスクから、CROS2U3RVに接続しているディスクへコピーをします。
※接続するスロットはどちらでも構いません。
※CROS2U3RVにディスクを2台接続していると、2台共同じパーティションサイズでデータがコピーされます。(例:120GB、250GBへコピーした場合、250GB側が120GBのパーティションサイズになります。残りは未割り当ての領域になります。)
③【USB▶︎USB】CROS2U3RVに接続されている2台のディスク間でコピーをします。
※HDD1がコピー元、HDD2がコピー先になります。データが消失しますので、コピー元、コピー先を間違えないように気をつけてください。
④【スタート】スタートをクリックするとコピーを開始します。
⑤【設定】通常は変更する必要はありません。



コピーのインジケーターが100%に達するとコピーが完了です。
※コピー完了時、ドライブのスキャン、修復を促されるメッセージが表示されることがありますので、画面に従って修復を完了させてください。



コピー先の容量が足りない場合は、コピーが開始できません。
フィルター機能を使うことにより、不要なファイル、フォルダのチェックを外すことでコピー容量を削減することができます。
※システムに関するファイルのチェックを外すとコピーしたディスクから正常にOS起動ができなくなります。


※記載の会社名・製品名は一般に各社の商標もしくは登録商標です。