USB機器の接続トラブルを自動解消できるUSBデバイス接続制御アダプタ "USB ReTRYHUB"「CT-USB4HUB」発売開始!

このエントリーをはてなブックマークに追加

PC周辺機器並びに携帯アクセサリーメーカーの株式会社センチュリー(本社:東京都台東区)は、当社開発部門「CENTECH(センテック)」ブランドより、PC接続されたUSB機器が認識されなくなってしまった場合に自動でUSB機器を再接続してくれる"USB ReTRYHUB"「CT-USB4HUB」価格:オープンプライス 参考価格:7,538円(税込)を4月下旬ごろ発売致します。

■INTRODUCTION

◆USBデバイス接続制御アダプタ "USB ReTRYHUB"
参考URL : http://www.centech.jp/?p=625

本製品は専用アプリケーションにより、USBデバイスの接続切断を常時監視し、USBデバイスがOSから認識されなくなった際に自動で再接続を行う事が出来ます。
また、本製品に接続された最大4台までのUSBデバイスを任意にON/OFFできるので、防犯カメラシステムなどの遠隔地のUSBデバイスを再認識させる際や、システムの保守用デバイスをメンテナンスの時だけONにして遠隔保守を行うなど利便性に優れた製品となっております。 デバイスドライバやソフト開発者向けの付加機能(SDK開発ツール)はダウンロードによりご利用頂けます

尚、本製品に付属のACアダプターによりバスパワーを安定供給(最大900mA/1ポートあたり)、"USBバスパワー"で駆動するデバイスの安定動作をバックアップします。

CT-USB4HUB_01.jpgCT-USB4HUB_02.jpg

【特長】

  • USBデバイスの接続・切断を常時監視、認識されなくなった場合に自動で再接続。
  • 最大4台まで様々なUSBデバイスが使用可能。
  • USB3.1(Generation1)×4ポート搭載! 4ポートUSBハブとして使用可能。
  • ソフト開発者向けの付加機能(SDK ソフト開発ツール)も別途ご提供。
RSS配信 センチュリーでは、プレスリリースをRSSで提供しております。