HDMI/アナログ動画レコーダー カンロクHD(KANROKU-HD)についてのFAQ

このエントリーをはてなブックマークに追加
マイクを接続したが、音量が小さい。またマイク音量設定で音量を上げても音が割れてしまう。
接続したマイクがコンデンサ型マイクかを確認してください。
ダイナミック型マイクを接続した場合、音が小さく、設定で音量を上げても音が割れてしまいます。
マイクの音声が録音されない。(HDMI接続時)
HDMI出力が映像信号のみの場合、マイクの音声は録音されず映像トラックのみのMP4ファイルが作成されます。
RECボタンを押しても反応がない。
各機器が正常に接続されていない可能性があります。
接続機器や出力機器を再度ご確認ください。
また、USBデバイスのフォーマット形式(FAT32/NTFSが対応)が異なる場合や、接続したUSBストレージの容量が2TB超の場合(2TB以下のHDDに対応)、接続した機器に著作権保護の機能がある場合(HDCP)は録画開始できません。
USBデバイスを接続してあるのに、RECボタンが緑色の点滅状態のまま、RECボタンを押しても録画が開始されない
USBデバイスのフォーマット形式、パーティションの状態に問題があります。
FAT32/NTFS、2TB以下になっていても、パーティションが分割されていたり、GPT形式になっていたりすると録画が開始できません。
パーティションの削除を行い、MBR形式になっていることを確認した上で、フォーマットをやり直してください。
HDCPに対応していますか?
残念ながら対応していません。
映像の分配器を通して録画はできますか?
分配器等には対応しておりません。
直接、機器を本製品に接続して録画を行ってください。
2GB単位でファイルが分割されるとマニュアルに記載されているが分割されない
接続したUSBストレージ機器のフォーマット形式がNTFSの場合は分割されず、1ファイルで保存されます。
再生ソフトや編集ソフト等の都合で2GBまでにしたい場合はUSBストレージをFAT32形式にて初期化してご使用ください。
RCAコンポジット出力の古いゲーム機を接続したが、録画できない
古いゲーム機(スーパーファミコンやPlayStation1等)や特殊な映像出力機器は信号が異なり、正常に録画できない場合があります。
残念ながらこちらは本製品の仕様となります。
ブルーレイプレイヤーに接続して、ブルーレイの画像を録画できますか?
ブルーレイ等は再生する映像の著作権保護の為にHDCPという暗号化技術が用いられています。KANROKU-HDではHDCPを含む映像の録画はできません。
また、録画可能な場合も各種法律を守ってご使用ください。
(詳しくは各映像、音楽等のコンテンツ配布元にご確認ください)
Windows10でドライバをインストールしても、KANROKU-HDが認識されずユー ティリティが使用できない。
環境によりドライバが正しくインストールされない場合があります。
以下の手順で一時的に「ドライバー署名の強制を無効にする」ことでドライバのインストールを行うことができます。

※KANROKU-HDはPCから取り外した状態で作業を行ってください。
※あらかじめUEFI(BIOS)のセキュアブートを無効にしてください。

1.スタートメニューから「設定」をクリックし、設定メニューの「更新とセキュリティ」をクリックします。




2.「回復」をクリックし、回復メニューの「今すぐ再起動する」をクリックします。




3.PCが再起動して「オプションの選択」画面が表示されますので、「トラブルシューティング」をクリックします。




4.続いて「詳細オプション」をクリックします。




5.さらに「スタートアップ設定」をクリックします。




6.「再起動」をクリックします。




7.PCが再起動して「スタートアップ設定」画面が表示されますので、キーボードの7キーを押します。




8.PCが起動したら、インストーラを実行してドライバのインストールを行います。




9.インストール中にWindowsセキュリティのメッセージが表示されますが「このドライバーソフトウェアをインストールします」をクリックし、インストールを続けます。




10.インストールが完了しましたらPCの再起動を行い、再起動後KANROKU-HDを接続しデバイスマネージャで正しく認識していることを確認してください。
(サウンド、ビデオ、およびゲームコントローラー>IT9910 GrabberDevice(HD)という名称で認識されます。)

Q:USBストレージのパーティションが複数に分割されている場合、どのように保存されますか?
先頭のパーティションへ保存されます。残りのパーティションへは保存できません。

※記載の会社名・製品名は一般に各社の商標もしくは登録商標です。