Macでのフォーマット方法 (OSX El Capitan以降[Mac OS 10.11~])

このエントリーをはてなブックマークに追加

Macでのフォーマット方法 (OSX El Capitan以降[Mac OS 10.11~])


具体的な手順

フォーマットされていないディスクを接続すると、メッセージが表示されますので、「初期化...」をクリックすると、ディスクユーティリティが起動します。

※手動でディスクユーティリティを起動する場合は、
 アプリケーション>ユーティリティ>ディスクユーティリティを選択してください。

format_01.pngのサムネール画像


ウインドウ左側「外部」の下に接続されているディスクが表示されますので、フォーマットするディスクを選択します。

※macOS High Sierra(MacOS 10.13)で外部ディスクが表示されない場合は、表示メニューの「全てのデバイスを表示」を選択し、
ディスクユーティリティを起動し直してください。

※フォーマットするディスクの容量等を確認して間違いないか確認してください。

format_02.pngのサムネール画像

1. ウインドウ上部にある「消去」ボタンをクリックすると、シートダイアログが表示されますので設定を確認します。

【名前】ディスクの名前を入力します。

【フォーマット】通常は「OS X 拡張(ジャーナリング)」を選択してください。
※macOS High Sierra(MacOS 10.13)では「Mac OS拡張(ジャーナリング)」を選択してください。
また、APFSでフォーマットを行うと、macOS Sierra(MacOS10.12)以前のOSでは、読み込みできなくなりますのでご注意ください。

【方式】通常は「GUIDパーティションマップ」を選択してください。
※MacとWindows両方で利用したい場合は、フォーマットを「MS-DOS(FAT)」または「exFAT」、
 方式は「マスターブートレコード」を選択してください。
 MS-DOS(FAT)は2TBより大きな容量のディスクでは利用できません。
 exFATはOSのバージョン(過去のバージョン等)によっては、対応していない場合があります。


2.「消去」ボタンをクリックすると、フォーマットが開始されます。

format_03.pngのサムネール画像


完了のシートダイアログが表示されればフォーマット完了です。

format_04.pngのサムネール画像


センチュリーのHDD関連製品

裸族のコンテナハウス2.5RAID (CRCTH25U31C)
超高速インターフェイスUSB3.1 Gen2搭載! 4つの動作モードが選べる2.5インチ2bay HDD / SSDケースが新登場!(2018年2月 8日)
四代目冷やし系HDD検温番 USB3.0 シルバー (CLS35U3SVF6G)
冷却と静音の両立! HDDの温度管理が可能な3.5インチHDDケース検温番が装い新たに登場!! カラー:シルバー(2018年1月10日)
四代目冷やし系HDD検温番 USB3.0 ブラック (CLS35U3BKF6G)
冷却と静音の両立! HDDの温度管理が可能な3.5インチHDDケース検温番が装い新たに登場!! カラー:ブラック(2018年1月10日)
裸族の頭 USB3.0 - SATA アダプター (CRASU3S6G)
SATA機器を裸のままUSB3.0 / 2.0接続可能に! 2モードLED機能を搭載した変換アダプターが新登場!!(2017年12月26日)
裸族のお立ち台 10th アニバーサリーエディション (CROSU31TP)
裸族坊やセンちゃんデビュー10周年記念! 底面が怪しく光るお立ち台が数量限定で新登場!!(2017年11月 9日)
KATANA M.2 SSD USB3.1 Type-C (CAM2-U31C)
OH! ジャパニーズクール! 刀の様にスタイリッシュなM.2(NGFF)SSD対応 USB3.1 Type-Cケースが新登場!!(2017年11月 1日)
裸族のお立ち台 QUAD (クアッド) (CROS4EU3S6G)
USB3.0とeSATAの2種のインターフェイスを搭載! コンパクトな筺体にHDD/SSDを最大4台搭載可能なHDDケース(2017年9月28日)
裸族のお立ち台TWIN (CROS2U3CP6G)
2台は便利。HDD/SSDを2台まで気軽に増設できるクローン機能搭載クレードルが新登場!!(2017年8月 1日)

製品一覧ページへ