USB接続HDDケースについてのFAQ

このエントリーをはてなブックマークに追加

USB接続のHDDからパソコンのOSを起動することはできますか?

残念ながらできません。

既にデータの入ったHDDを接続して、そのデータを読み取れますか?

基本的にはデータにアクセス可能です。
ただし以前お使いになっていた環境によっては読み取り不可能な場合もありえます。その場合はデータを他のメディアにバックアップし、HDDの初期化を行ってください。

ディスクの管理で「再アクティブ化」をしないとHDDが正常にマウントしない

HDDの形式がダイナミックディスクになっている可能性があります。
ダイナミックディスクは内蔵専用の形式で、外付けケースには使用できません。この場合はデータを他のメディアにバックアップして、ベーシックディスクで初期化し、その後データを書き戻してご使用ください。

Windows7で使っていたHDDケースをWindowsXPに接続するとデータが読み込めない。

HDDを初期化した際にGPT形式で初期化している可能性があります。
GPT形式はWindowsVista、7、8(8.1)、10で使用可能となり、WindowsXPでは読み込みが行えません。この場合、データを他のメディアにバックアップして、HDDをMBR形式で初期化しなおすことでWindowsXPでも読み込み可能になります。

HDDが認識しない

以下の点をご確認ください。

  1. 内蔵したHDDの接続を確認する。
    →IDEケーブル、電源ケーブルがきちんと接続されているか確認する。
    →HDDのジャンパー設定がマスターになっているか確認する。
  2. 電源ランプが点灯しているのか確認する。
    →点灯していない場合、ACアダプタの接続を確認してください。
  3. HDDから異音が出ていないか確認する。
    →HDDケースや内蔵したHDDに異常が発生している可能性があります。
    HDD自体の動作チェックを行って、異常が無いようであればサポートセンターにご連絡ください。
  4. USBケーブルの接続を確認する。
    →接続に異常が無い場合、USBポートを変更して確認してください。
    もし他にもパソコンがある場合、他のパソコンに接続して動作を確認してください。
  5. Windowsであれば、デバイスマネージャおよびディスク管理の表示を確認する。
    Macであれば、Appleシステムプロファイラの表示を確認する。
    →表示されていない場合、異常の可能性があります。サポートセンターにご連絡ください。

WindowsXPで2TB以上のサイズのHDDやRAIDボリュームを認識できない。

OS側の仕様となります。
WindowsXPで使用する場合は、1ボリュームのサイズが2TB以下にしていただく必要がございます。またOS側だけでなく、接続を行うHDDケース側にも容量制限等がある場合がございます。
詳しくは弊社サポートセンターにご質問ください。

パソコンのスリープやスタンバイから復帰するとフリーズする、HDDにアクセスできない

パソコンのスリープやスタンバイに関しては、外付けのHDDを考慮していない状態での動作をしている場合があり、お使いの環境によっては正常に動作しない場合がございます。スリープやスタンバイをする前にHDDのの取り外し処理を行って取り外してください。
特に特記が無い限りは、パソコン本体のスリープやスタンバイには対応していないとお考えください。

新しいHDDをセットして接続したが、マイコンピュータ内(Windows)、デスクトップ(Mac)にHDDのアイコンが表示されない

新しいHDDは接続後、領域の確保とフォーマットの作業が必要となります。
マニュアルに記載の方法で領域の確保やフォーマットを行ってください。

HDDにアクセスをしていなければ、USBケーブルを抜いても大丈夫ですか?

HDDの取り外しの処理を行ってからでないとデータの破損や消失が起きる可能性がございます。 Macであればデスクトップ上のHDDアイコンをゴミ箱に入れる。
Windowsであれば「コンピュータ起動中のUSB接続HDDの取り外しについて」をご参照の上、取り外しの処理を行い、HDDケースの電源をOFFにしてからUSBケーブルを抜いてください。

取り外しの処理をしたが「停止できません」という表示が出て、取り外しが行えない

明示的にHDDにアクセスを行っているアプリケーションが無い状態でも、インデックスの作成等バックグラウンドでプログラムが使用している場合は、取り外しの処理が行えない場合があります。
この場合はWindowsをシャットダウンしてからHDDの電源をOFFにしてください。

※記載の会社名・製品名は一般に各社の商標もしくは登録商標です。