コンピュータ起動中のUSB接続HDDの取り外しについて

このエントリーをはてなブックマークに追加

USB接続のHDDはコンピュータ起動中にHDDの取り外し、電源OFFが可能です。
各OSのやり方を参照して取り外し処理を行ってください。

Windows2000での取り外し処理


USB接続のHDDが接続すると、タスクトレイに「ハードウェアの取り外し」アイコンが表示されます。
「ハードウェアの取り外し」アイコンをダブルクリックすると、「ハードウェアの取り外し]ウインドウが表示されます。


「USB 大容量記憶装置デバイス」のシングルクリックで選択し、「停止」をクリックすると「ハードウェア デバイスの停止」が表示されます。


停止されるデバイスを確認して「OK」をクリックします。
※デバイス名はご購入いただいた製品ごとに異なります。ご注意ください。


取り外し処理完了のメッセージが表示されて完了です。
「OK」を押してWindows側からのUSB接続HDDの取り外し処理を完了します。
USBケーブルを取り外し、USB接続HDDの電源をOFFにしてください。
  • 複数のHDDを接続できるタイプのUSB接続HDDの場合、どれか一つHDDの取り外しを行うと、全てのHDDが取り外しされます。
  • 取り外しを行おうとしているHDDに対してプログラムがアクセスを行っている場合や、アプリケーションで開いているファイルがある場合、取り外しの処理が行えません。
    ファイルを開いている場合はプログラムを終了してから取り外し処理を行ってください。
    また、インデックス作成等、バックグラウンドでプログラムが使用している場合は取り外しの処理が行えない場合があります。この場合はWindowsをシャットダウンしてからHDDの電源をOFFにしてください。


WindowsXPでの取り外し処理


USB接続のHDDが接続すると、タスクトレイに「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンが表示されます。
「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンをダブルクリックすると、「ハードウェアの安全な取り外し]ウインドウが表示されます。


「USB 大容量記憶装置デバイス」のシングルクリックで選択し、「停止」をクリックすると「ハードウェア デバイスの停止」が表示されます。


停止されるデバイスを確認して「OK」をクリックします。
※デバイス名は購入いただいた製品ごとに異なります。ご注意ください。


タスクバーに取り外し処理完了のメッセージが表示されて完了です。
USBケーブルを取り外し、USB接続HDDの電源をOFFにしてください。
  • 複数のHDDを接続できるタイプのUSB接続HDDの場合、どれか一つHDDの取り外しを行うと、全てのHDDが取り外しされます。
  • 取り外しを行おうとしているHDDに対してプログラムがアクセスを行っている場合や、アプリケーションで開いているファイルがある場合、取り外しの処理が行えません。
    ファイルを開いている場合はプログラムを終了してから取り外し処理を行ってください。
    また、インデックス作成等、バックグラウンドでプログラムが使用している場合は取り外しの処理が行えない場合があります。この場合はWindowsをシャットダウンしてからHDDの電源をOFFにしてください。


WindowsVistaでの取り外し処理


USB接続のHDDが接続すると、タスクトレイに「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンが表示されます。
「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンをダブルクリックすると、「ハードウェアの安全な取り外し]ウインドウが表示されます。


「USB 大容量記憶装置」のシングルクリックで選択し、「停止」をクリックすると「ハードウェア デバイスの停止」が表示されます。


停止されるデバイスを確認して「OK」をクリックします。
※デバイス名は購入いただいた製品ごとに異なります。ご注意ください。


取り外し処理完了のメッセージが表示されて完了です。
「OK」を押してWindows側からのUSB接続HDDの取り外し処理を完了します。
USBケーブルを取り外し、USB接続HDDの電源をOFFにしてください。
  • 複数のHDDを接続できるタイプのUSB接続HDDの場合、どれか一つHDDの取り外しを行うと、全てのHDDが取り外しされます。
  • 取り外しを行おうとしているHDDに対してプログラムがアクセスを行っている場合や、アプリケーションで開いているファイルがある場合、取り外しの処理が行えません。
    ファイルを開いている場合はプログラムを終了してから取り外し処理を行ってください。
    また、インデックス作成等、バックグラウンドでプログラムが使用している場合は取り外しの処理が行えない場合があります。この場合はWindowsをシャットダウンしてからHDDの電源をOFFにしてください。


Windows7での取り外し処理


USB接続のHDDが接続すると、タスクトレイに「ハードウェアの安全な取り外し」アイコンが表示されます。
アイコンが隠れている場合、▲マークのボタンを押し、「ハードウェアの安全な取り外し」をクリックします。


取り外しを行いたいHDDを選択し、取り外しをクリックすると取り外し処理が行われます。
※デバイス名は購入いただいた製品ごとに異なります。ご注意ください。


タスクバーに取り外し処理完了のメッセージが表示されて完了です。
USBケーブルを取り外し、USB接続HDDの電源をOFFにしてください。
  • 複数のHDDを接続できるタイプのUSB接続HDDの場合、どれか一つHDDの取り外しを行うと、全てのHDDが取り外しされます。
  • 取り外しを行おうとしているHDDに対してプログラムがアクセスを行っている場合や、アプリケーションで開いているファイルがある場合、取り外しの処理が行えません。
    ファイルを開いている場合はプログラムを終了してから取り外し処理を行ってください。
    また、インデックス作成等、バックグラウンドでプログラムが使用している場合は取り外しの処理が行えない場合があります。この場合はWindowsをシャットダウンしてからHDDの電源をOFFにしてください。


Windows8(8.1)での取り外し処理
801.png

USB接続のHDDを接続すると、タスクトレイに「ハードウェアの安全な取り出し」アイコンが表示されます。
802.png

△マークを押したウインドウ内に表示されている場合もあります。
803.png

「ハードウェアの安全な取り出し」アイコンをクリックすると、現在接続されているHDDが表示されます。
取り出しを行いたいHDDをクリックすると取り外し処理が行われます。

※HDDのデバイス名は購入いただいた製品ごとに異なります。ご注意ください。

取り出し処理完了のメッセージが表示されれば完了です。
USBケーブルを取り外し、USB接続HDDの電源をOFFにしてください。
  • 複数のHDDを接続できるタイプのUSB接続HDDの場合、どれか一つHDDの取り出しを行うと、全てのHDDが取り外しされます。
  • 取り出しを行おうとしているHDDに対してプログラムがアクセスを行っている場合や、アプリケーションで開いているファイルがある場合、取り出しの処理が行えません。
    ファイルを開いている場合はプログラムを終了してから取り出し処理を行ってください。
    また、インデックス作成等、バックグラウンドでプログラムが使用している場合は取り出しの処理が行えない場合があります。この場合はWindowsをシャットダウンしてからHDDの電源をOFFにしてください。


Windows10での取り外し処理
101.png

USB接続のHDDを接続すると、タスクトレイに「ハードウェアの安全な取り出し」アイコンが表示されます。
102.png

△マークを押したウインドウ内に表示されている場合もあります。
103.png

「ハードウェアの安全な取り出し」アイコンをクリックすると、現在接続されているHDDが表示されます。
取り出しを行いたいHDDをクリックすると取り外し処理が行われます。

※HDDのデバイス名は購入いただいた製品ごとに異なります。ご注意ください。

取り出し処理完了のメッセージが表示されれば完了です。
USBケーブルを取り外し、USB接続HDDの電源をOFFにしてください。
  • 複数のHDDを接続できるタイプのUSB接続HDDの場合、どれか一つHDDの取り出しを行うと、全てのHDDが取り外しされます。
  • 取り出しを行おうとしているHDDに対してプログラムがアクセスを行っている場合や、アプリケーションで開いているファイルがある場合、取り出しの処理が行えません。
    ファイルを開いている場合はプログラムを終了してから取り出し処理を行ってください。
    また、インデックス作成等、バックグラウンドでプログラムが使用している場合は取り出しの処理が行えない場合があります。この場合はWindowsをシャットダウンしてからHDDの電源をOFFにしてください。


Mac OSでの取り外し処理

方法 1


unmount_1b.png

取り外しを行いたいHDDをDockの中のゴミ箱にドロップします。

方法 2


unmount_2.png

取り外しを行いたいHDDを右クリックして「"HDDの名前"を取り出す」をクリックします。

  • アイコンが消えたことを確認した後、USBケーブルを取り外し、USB接続HDDの電源をOFFにしてください。
  • 取り出しを行おうとしているHDDに対してプログラムがアクセスを行っている場合や、アプリケーションで開いているファイルがある場合、取り出しの処理が行えません。
    ファイルを開いている場合はプログラムを終了してから取り出し処理を行ってください。
    また、インデックス作成等、バックグラウンドでプログラムが使用している場合は取り出しの処理が行えない場合があります。この場合はWindowsをシャットダウンしてからHDDの電源をOFFにしてください。

※記載の会社名・製品名は一般に各社の商標もしくは登録商標です。


センチュリーのHDD関連製品

裸族のハードなケース Guard PRO (CRHC-004/BK)
大事なHDD/SSDを衝撃・埃・水から守る! HDD / SSD / M.2 SSD 専用収納ケース (2022年7月28日)
これdo台 Advance 1to5 High Speed V2 (KD25/35AD1T5HS2)
250MB/秒の転送速度でHDD/SSD 1:5コピー、6台同時イレースが可能なこれdo台シリーズのフラッグシップモデル!(2022年7月13日)
これdo台 SAS 1:7 V2 (KD25/35SAS8V2)
300MB/秒の転送速度でSAS/SATA HDD/SSDの1:7コピー、8台同時イレースが可能な「これdo台SAS」の業務仕様モデル(2022年7月13日)
これdo台 M.2 NVMe V2 (KD25/35M2NV2)
M.2 SSD(NVMe/SATA/AHCI)とSATA HDD/SSDに対応したデータコピー&イレースマシン!(2022年6月29日)
Thunderbolt3 Portable NVMe SSD 2TB (CPNVTB3V2-2000)
Thunderbolt™ 3接続、M.2 NVMe SSD(2TB)を内蔵したポータブルSSD(2022年5月25日)
Thunderbolt3 Portable NVMe SSD 1TB (CPNVTB3V2-1000)
Thunderbolt™ 3接続、M.2 NVMe SSD(1TB)を内蔵したポータブルSSD(2022年5月25日)
Aluminum Enclosure RGB for M.2 SSD (CAM2NSU32RGB)
NVMe/SATA両対応! 筐体が色鮮やかに発光し放熱性にも優れたM.2ケース(2022年1月 6日)
裸族の頭 M.2 SSD (CRAM2NSU32)
ヒートシンク付きのM.2 SSDもそのまま組み込める! SATA/NVMe両対応のM.2 SSDアダプター(2022年1月 5日)

製品一覧ページへ