コンバイン機能を持つHDDケースの最大容量について

このエントリーをはてなブックマークに追加

複数のHDDを合体させて1つのボリュームとして認識させる「コンバインモード」の最大容量について説明します。

特に明示の無い限り、1つのボリュームの最大容量は2TBまでとなります。

例)

  • ・1000GB+1000GB=2000GB(2TB)→OK
  • ・1000GB+1500GB=2500GB(2.5TB)→NG
  • ・500GB+500GB+500GB+750GB=2250GB(2.25GB)→NG

HDDの組み込みを行う場合は、合計した1ボリュームのサイズが2TB以下となるように接続を行ってください。

※スタンダードモードで1TBのHDDを4台組み込み、4つのボリュームで使用するような使用方法では問題ありません。

尚、以下の製品は2TBを超えても動作する事を確認しております。(08/10/23現在)
(ST31500341ASを2台使用して確認しております)

  • ・EX35PS4(テラボックス3)※2TB対応モード使用
  • ・EX35SU4B(SATABOX USB)※2TB対応モード使用
  • ・EX35SU8B(SATAタワー USB)※2TB対応モード使用
  • ・KD25/35PRO(これDO台PRO)
  • ・EX35PM4B-PE(ドライブドアSATAボックスレイド)
  • ・EX35PM8B-PE(ドライブドアSATAタワーレイド)

※すべてWindowsVista、GPTフォーマット使用、WindowsXPでは使用できません。

※記載の会社名・製品名は一般に各社の商標もしくは登録商標です。