これDO台 PRO(KD25/35PRO)についてのFAQ

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな形式のHDDが接続可能なのですか?

2.5、3.5インチのパラレルATA(UDMA)HDD及びシリアルATA(SATA)HDDが接続可能です。

接続できるHDDの最大容量は?

設計上の最大値は1台あたり2TB(テラバイト)となっております。
ただし、コンバインモードでHDDを2台接続した場合、2台のHDDの容量の合計が2TB以下とする必要があります。

DISK COPY TEST モードについて

Ver1.28からDISK COPY TESTモードを搭載しております。

このモードはCOPYを行う前に部分的にコピーを実行し、予めコピーにかかる時間、平均転送速度を予測するものです。 スタンドアロンモードからDISK COPY TESTモードを選択して実行します。

※DISKの処理、注意事項はCOPYモードと同様です。
※あくまで予測ですので、参考値程度にお考えください。
※以下の場合は容量が小さいため「ERR:Capacity is too small.」と表示してコピーテストを中止します。
 ・1GB(1000000000バイト)未満のデバイス
 ・最初の1秒間のコピーで全体のコピー範囲の1%を超える場合

部分的ですが実際にコピー処理を行うため、DISK2の内容は改変されます。

OPTIONSにて設定できるRETRY COUNTを[OFF]にした場合どうなりますか?

エラー発生時のにRETRYを行わなくなりますが、コピーモード等の処理の仕様上、正常なセクタをスキップする可能性があります。
例) 300セクタ目に何らかの原因で読み取れない不良ブロックがあるケース

■RETRY COUNT が1以上の場合

(1) 254セクタ単位で行われる通常の処理
(2) 300セクタめでエラーが発生したため、255セクタ~508セクタまでを1セクタずつ処理しなおします。
(3) RETRY COUNTで設定した回数で(2)を繰り返したあと、次の領域の処理に移ります。

■RETRY COUNT がOFFの場合

(1) 254セクタ単位で行われる通常の処理
(2) 300セクタめでエラーが発生したので、その254セクタ単位でスキップします。 このため301セクタから508セクタまでは正常かどうかに関わらずまとめてスキップされます。

■不良セクタの発生したディスクをコピー元にした場合
データが正常にコピー出来る可能性は
RETRY COUNT 1以上 > RETRY COUNT [OFF]

処理速度に関しては
RETRY COUNT 1以上 < RETRY COUNT [OFF]
となります。ご参考まで。

※記載の会社名・製品名は一般に各社の商標もしくは登録商標です。